5月 172008
 
最悪 (講談社文庫)/奥田 英朗
¥920
Amazon.co.jp

またまたまたまた、奥田英朗氏です。

最悪にツイていない人たちがバラバラに描かれていて、

最後の方で全員の話がひとつにつながり結末へ。

なんていうんでしたっけ。

こういう小説。

「群像小説」

でしたっけ。

伊坂幸太郎氏の『ラッシュライフ』も、

確かこんな手法だったかなと

ぼんやり思いながら読みました。

すごくツイていない、小さな町工場のお父さんが

とても可哀相で、泣けてきます。

小さなDTP屋の私も、

こんなツイていないことにならないように頑張らねば。

と、小説の内容はそっちのけで泣けてきます。

全体として、おもしろいです。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)