1月 122011
 

2010年に読んだ本のマトメ、小説その5。
その他7冊。

春を嫌いになった理由(わけ) (光文社文庫)/誉田 哲也
¥680
Amazon.co.jp

武士道シリーズを書かれた、
誉田哲也氏の、別の本です。
超能力者とかがでてくるお話。
私には霊感など、さっぱりないのですが、
世の中にはあるのかもしれませんし、
軽い勢いで読むには楽しい本です。

静かに健やかに遠くまで (新潮文庫)/城山 三郎
¥460
Amazon.co.jp

箴言って、大きいなぁと思う一冊。

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)/村上 春樹
¥540
Amazon.co.jp

ついついランニングを始めようかと思わせられてしまう。
でも、私は短距離走は得意でも、長距離って幼い頃から苦手なんです。
走る人の考えが、なんとなく分かる一冊でした。

終末のフール (集英社文庫)/伊坂 幸太郎
¥660
Amazon.co.jp

ジーンときます。

白銀ジャック (実業之日本社文庫)/東野 圭吾
¥680
Amazon.co.jp

犯人は、そっちかよ!!
と、突っ込みたくなる。

すぐそこにある希望―すべての男は消耗品である。〈Vol.9〉 (幻冬舎文庫)/村上 龍
¥480
Amazon.co.jp

エッセイです。
どんどん読めます。

スタア・バーへ、ようこそ (文春文庫PLUS)/岸 久
¥550
Amazon.co.jp

バーに行きたくなる。
読むと、気軽に接客されてみたくなります。
お酒やカクテルの歴史、ウィスキーの飲み方など
とても楽しく読める上に、バーを経営している方の
考えていることや気をつけていることが分かります。
ニヤニヤしながら、とても楽しく読めます。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)