7月 112008
 

紙を注文しました。

kami

うちにある、DocuColor 1257 GAは、特寸トレイがあります。

SRA3(450×320)です。

つまり、A4(297×210)を見開き+トンボ付きで出力できるわけです。

色ダマ(CMYKとベタで打ってあるもの)やカラーバー、

カンバン(商品名や得意先などを明記したもの)も付けて出力可能です。

まだやってみてないんですけどね。

うまくいけば、とても便利です。

どうしても、見開きで見ないとイメージがつかめない

ページレイアウトの場合もありますし、

通し枚数(プリントアウトする枚数)も減ります。

ただし特寸の紙って、ちょっと他の定型紙よりも

お値段高めなのです。

どう活用していくか。

模索中です。

  4 Responses to “特寸 SRA3(450×320)”

  1. SECRET: 0
    PASS:
    知り合いのブログを通じてx通じて知りました。
    広告会社に勤めているのもあって、DTPに興味があったので、いつも勉強させてもらってます☆
    私もがんばります!
    いつも元気もらってるのでお礼を一言。
    また見に来ます☆

  2. SECRET: 0
    PASS:
    冊子の表紙や、A3トンボ付き(塗りたしつきのもの)を出力する時に必要不可欠なサイズですね。
    FXOS純正用紙だとそこそこ値段するでしょ?
    正確にはSRA3ではないですが、菊判4裁で長辺をなめて450×318で使うというテもあるんですよ。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    こんなブログでも楽しんでもらえれば、
    私もとても嬉しいです。
    こちらこそ、ありがとうございます^^

  4. SECRET: 0
    PASS:
    純正用紙は、高いんですよね。
    本当は、印刷用紙をババっと断裁して
    使うほうが良いなと思ってはいるのですが。
    菊4裁をナメ気味に断裁とは、
    全然気がつきませんでした。
    「特寸」だから、高くてもしょうがないかなと
    思ってしまっておりました。
    なるほど。ありがとうございます。
    参考になります!

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)