3月 302009
 

先日、メインで使用しているWindowsがウイルスに感染しました。

いまどき、珍しくも無い話ではあります。

どこから感染したかというと、

いま流行りの感染経路、USBメモリを介して感染しました。

それが、お客様からの入稿USBメモリからだったのです。

GameStup.exe

autorun.inf

が、セットで入っておりました。

もちろん私は、感染した瞬間に気がついたので

Winをネットワークから隔離~駆除~他も検索~と、

通常の手順どおり対策しました。

いまは悪質なウイルスに感染していないと思います。

問題は、お客様にこの事実を伝えるかどうかです。

普段から、

「出校ゲラ無くした」とか、

「もらった原稿から虫が湧く」とか、

「変なシミがついたゲラが入稿されてくる」とか、

ズボラな感じのお客様です^^;

「なら、駆除して」

とか言われても困るので

今回は、黙っておこうと思います^^;

  8 Responses to “USBメモリからウイルス”

  1. SECRET: 0
    PASS:
    おっかないですねえ。
    USBを挿すだけで実行されちゃうのー?
    と思ってちょと調べたら、
    ×マイコンピュータからUSBメモリをクリック
    ○エクスプローラで中の必要なものだけを選択
    だそうです。常識?
    ま、いずれにしても参考になりました。ありがとう。
    それにしてもバーチャルな「ワーム(虫)」だけでなく
    リアルな虫まで添付して入稿するとは
    おそろしい奴だ。
    ウィルスチェックの前にまず媒体を殺菌消毒やね。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    それ悩みますねぇ~。
    さぁ言うが正解か言わないが正解かぁ。
    USB怖いですね。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    おひさしぶりです~^^
    USB挿すだけで、感染してしまう場合もあります。
    ctrl+Aとか、コマンド+Aで全選択すると、
    たぶんウイルスも選択されます^^;
    入稿データの取り扱いに、
    ますます気を使う昨今です。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    やっぱり、入稿データは
    FDとかCD、DVDなど多少アナログな
    媒体でもらいたいところです。
    時代はどんどん便利になっていくのに、
    時として逆行する印刷業界の悲しいところです^^;

  5. SECRET: 0
    PASS:
    ヘンな客…。
    虫が湧く原稿…どういうの送ってくるんでしょ。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    あんまりいらっしゃらない感じのお客様です。
    ヨレヨレの使い古された紙袋に、
    原稿の束が詰められた状態で、
    ショッピングバッグに入って入稿されてきます^^;
    (見て取れる日付が去年の夏頃だったりします)
    かなり熟成されていたのでしょう。

  7. SECRET: 0
    PASS:
    顧客からのデータを開く時は、ウィルスチェックしてからがベストですね。
    勉強になります。

  8. SECRET: 0
    PASS:
    お客様の全データをウイルスチェックしてから
    コピーするのはすごく手間ですよね^^;
    ウイルスをお客様に感染させてしまわないように
    気をつけます。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)