3月 052008
 

今日は、一日お礼状を書いておりました。

そう、昨日いただいた嬉しい書籍2冊に対して

「メールでお礼っていうのも、違うな」

と思いましたので、手書きでお礼状を書こうと思ったのです。

まずはハガキにするか封筒にするか

散々悩んだのですが今回は封筒にしました。

近所にある文房具屋さんにいき、

白くてカッコイイ便箋と封筒を購入。

筆ペンを見かけて、少し心惹かれましたが、

それは購入せず。

ボールペンで書くことを決意。

帰宅して、ひたすら下書き。

下書きはワードで書きました。

校正するために、何度かプリントアウト。

「このまま送るほうが、よほど読み易いな。」

とは思いつつも、そこから便箋に手書きで

丁寧に書き写していきました。

伝えたいのは、感謝の気持ち。

私の字はすごくヘタクソなのですが、

気持ちは伝わると信じております。

一発で書き上げられると油断して、

最後の一行で書き損じ、

再度イチから書き直し。

2枚目で何とか書き上げました。

会社に勤めていた頃は、総務の方が代筆して

くださったり、綺麗にプリントアウトしたものを

送っておりました。

なんて無精者だったのでしょう。

明日には先方に届くと思うと、

なんだかとてもウキウキします。

うまく感謝の意が伝わると良いのですが。

  2 Responses to “お礼状”

  1. SECRET: 0
    PASS:
    素敵ですね。
    ブログを読ませていただいただけで、お気持ちが伝わってきました。
    あたたかいぬくもり、きっと届きますよ!
    メールが当たり前の時代、相手を思いながら気持ちを形にする。
    なんだか作詞と似ています。
    私もいつか手書きの歌詞でCDを発売したいです。
    素敵なお話、ありがとうございました。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >冬華Fuyuka様
    こちらこそ、ありがとうございます。
    DTP屋としては、キレイに印刷したお礼状を
    お届けしたほうが良かったのかもしれませんが、
    誠意を一番に考えたつもりです。
    手書きの歌詞カードって、良いですね。
    気持ちが伝わると思います。
    実現できるよう、応援しております^^

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)