3月 082008
 

見積を依頼されることってありますよね。

印刷見積なら、仕様が分かれば書けます。

「フィルム支給、A4、4c、16P、中綴じ、コートの90kgで5000部ヨロシク」

これだけで、大体の金額は出せます。

もちろん、あまりにも重い絵柄だったり、

納品までとれる時間、場所によっても変わってきますが

概算は出せると思います。

ですが、DTPの見積って、なかなか難しい。

見積を書くには、さらに確認すべきことがたくさんあります。

・レイアウトデータはありますか?

 →有るなら、その種類とバージョンは?

・テキストデータはありますか?

 →有るなら、その種類。

・スキャン原稿ありますか?

 →求める品質の度合いと原稿の大きさと点数。

・支給画像はありますか?

 →画像データの種類と点数。

・キリヌキ作業ありますか?

 →点数はどのくらいあって、どんな絵柄か

・表組作成や外字作成があるかどうか

・特に使用したいこだわりの書体があるか

・校正は何回したいか

・入稿から出校までどのくらいかけてよいか

・出校形態は何で見たくて、何部必要か

基本的なところで、これくらい。

あとは、話の流れで伺っていくことが多いです。

また、いくら確認をしても、想定外な事が起こって

すごく大変な作業が出てきてしまったりする場合も

多々ありますので、別途作業が発生した場合は、

別途請求する旨の確認もしておきたいところです。

信用できるDTP屋ほど、話の流れでうまく仕様を確認して、

納得のいく見積を作ってくれるような気がします。

なかなか、

「1ページいくらでやります」

とは言えないのが辛いです。

  6 Responses to “見積って難しい”

  1. SECRET: 0
    PASS:
     依頼する方は、簡単に出してほしいし、難しいですね。
     わたしも、前の会社でパンフレットの依頼をした事がありますが、ドルフィンさんの細かい確認事項に誠意を感じます。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >Myu様
    いやー、難しいです。
    「誠意」ととってもらえると、嬉しいのですが
    「イチイチうるさいな」と思われることも
    あるかもしれないです。
    「予算が○○万円だから、スケジュール立てて」
    と言われてやる方が、話が早かったりする場合も^^;

  3. SECRET: 0
    PASS:
    どんな仕事も見積りってホント難しい!
    予算だけしか言われないで
    好きにやっていいなら
    ホント楽なんですがね(/_;)

  4. SECRET: 0
    PASS:
    全部クリエーターまかせだったんですが 素人がマックで 食い散らすんで 見積もりは難しいし やたら相見積りをとるから

  5. SECRET: 0
    PASS:
    >a-k-s様
    見積をマトモに書けるようになったら、
    やっとこさ人並みになれたかなーと
    思うくらい、難しいですよね。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    >00001179b様
    印刷に使えないようなデータを作るDTP屋ほど、
    安易に安い見積もりを出しているような気がするのは、私の気のせいなのでしょうか^^;

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)