3月 112008
 

カタい話がずっと続いておりますが、

今日は外注についてです。

昨日、一昨日書いたように、

在庫をもてなくて、ひたすらモノを作り続けなければならないわけですので、

仕事は常に100%以上確保しておきたいのが本音です。

そこで、仕事は常に100%以上準備してしまうのです。

101%以降の、溢れた仕事は常に外注に出すようにしておきます。

そうすることで、

「就業時間中は常に仕事をする」あたりまえの状態を

やっと確保することができるのです。

印刷業界全般にいえる特徴だとは思いますが、

発注する側が常に発注し続けるわけではありません。

今日は発注したけど、明日は発注先から受注したりすることもあります。

例えば印刷屋さんがチラシの仕事をお客様から受注したとします。

組版やデザインを外注して、印刷は自社で行い納品しました。

あくる日、デザイン会社が「チラシをデザインしてほしい」という仕事を

お客様から依頼されました。

「WEBにも使うんだけど、新聞の折込チラシにもしたい」

といわれれば、印刷を外注に出し、デザインは自社で行いました。

このように、発注する場合もあれば、受注する場合もあります。

同業他社が常につながりあっているのが、印刷業界なのです。

みんなが狭い仕事範囲でのプロフェッショナルであり、

細分化された分業の結果です。

なんだか、不思議ですよね。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)