4月 252008
 

さすが印刷の町、板橋でした。

昔ながらの和風洋食屋さんにて、

知人ご夫妻と食事でした。

フライ盛り合わせで、こんもりと海老フライ。

「よかったらコレ食べて」

と、お店のお母さんから出される料理。

茄子炒めや、かまぼこ。

洋食屋さんというより、和食屋さんなテイストです。

しかし、その店はオムライスが有名なので頼んでみると、

お店のご主人が、

「シチューかけて良い? シチュー!」

と、にこやかな笑顔でやってこられました。

オムライスに、シチュー?

と思いながらも、かけてもらうことに。

いやー、おしかったです。

シチューだけで食べても、おいしいシチューです。

すごい洋食屋さんです。

お店のご主人と奥様、二人で営業されているお店で、

アットホームな雰囲気をかもし出しつつ、

出される料理はとてもおいしい。

値段もリーズナブルで、気楽に食べられるお店でした。

自宅の近所にもあったら良いのにと思わせられます。

知人のご夫妻とも、楽しくお話ができ、

食事の後にご夫妻のお家にまでお茶しにお邪魔してしまいました。

オシャレでこざっぱりしていて、憧れるお部屋でした。

貴重な体験ばかりの一晩。

こんなに楽しい夜はなかなかありません。

ありがとうございました!

  4 Responses to “いざ、板橋へその2”

  1. SECRET: 0
    PASS:
    オムシチューとてもおいしそうですね♪
    (=⌒▽⌒=)おいしい洋食屋さんって中々見付からないですよね♪

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >ことり様
    とてもおいしい洋食屋さんでした。
    オムシチューには、びっくりでしたよ。
    最高です!

  3. SECRET: 0
    PASS:
    先日はお疲れ様でした。
    このお店、旬のものも、洒落た肴も出てくることは決してないんですが、でも結局最後はこういうお店に落ち着くようです。ポンニチだもの。
    そういう意味ではまだ20代のタナカさんには20年ほど早すぎるかも知れません・・・・と思ったら今日から30代ではないですか。
    おめでとう!
    そうそう。
    コメントを返すときに、「無題」ではあまりにも愛想がありませんし、どの日記へのコメント返しなのか分かりにくいですよね。
    かと言ってタイトル考えるのもめんどうだし。
    そんな時には、コメントを返す相手のお名前を本文ではなくタイトルに入れておくといいですよ。
    こんな風にね。
    じゃ、また。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    どもどもー。
    20年ほど早いかもしれませんが、
    とても楽しめました。
    良いなぁ、板橋って^^
    ぜひ、またご夫婦そろって夕食にでかけられたらと思っております。
    それまで、ZO-3を買って、ギターの練習をしておきます。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)