5月 022008
 

今日は台(だい)についてです。

作業する工程で、ちょっと変わってくる、この台。

製版の現場では、

●一度に製版したワンセット

となります。

たとえば、仕上がり寸法がA4の本で、

4c、4面付けされている場合、

製版寸法はA2+ドブ分となります。

これが4c分(K+C+M+Y)ありますので、

A2(ページ数でいえば4ページ分)のポジフィルム4枚=1台

となるわけです。

印刷の現場では、

●一度に印刷機にセットして刷るワンセット

となります。

たとえば、製版の例に合わせますが、仕上がりA4の本で、

4c、4面付けされているA2のポジフィルムから刷板して、

2面並べて、A全の大きさで印刷するとしますと、

そのA全(ページ数でいえば8ページ分)×4版(c)=1台

となります。

製本の現場では、

●一度に折って、1ページ大にする紙1枚

のことを、1台と呼んでいるようです。

ややこしいですね。

ひょっとしたら、私が勘違いをしているかもしれませんので、

これを見てくださっている、印刷屋さんや製本屋さん、

暖かい目で見守りつつ、ご指導ご鞭撻いただければ幸いです^^;

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)